2/22の集計結果:吉原海岸

今日は、IBCC(石垣ビーチクリーンクラブ)主催のビーチクリーンが吉原海岸で行われました。

いつも参加して頂いてる海上保安庁の皆さん、子供達と一緒に参加してくれたファミリー、そしていつもの仲間たち。

大人21名、子供4名の参加がありました。ありがとうございます。

毎月クリーンアップしている海岸ですが、それでもこんなにゴミが漂着しています。

拾っても拾っても、流れ着く。。。
ボランティアのビーチクリーンでは、手に負えない数と量です。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 2袋
燃やさないゴミ 14袋
ペットボトル 24袋(約1200本)
発泡スチロール(袋) 16袋
発泡スチロール (個) 14個
漁具(袋) 16袋
漁具ブイ(大)  37個
ロープ(袋)  
ロープ(かたまり)

約2kg

ビン 1袋
カン 1袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 1袋
蛍光灯(長)  
ワレモノ 1袋
プラスチックのカゴ 1個
ポリタンク  2個
プラスチックのパイプ 5本
ブイ約50個をネットに入れて、ひとまとめにした漁業用と見られるウキ 1個
ドラム缶 1個

漂着ゴミがなくなる日は、人のライフスタイルが変わらないと来ないのでしょう。

自ら出すゴミを減らす。
使い捨てを減らす。
できることから、今すぐに。

皆さま、おつかれさまでした。
いつもありがとうございます。

2/5の集計結果:米原海岸

昨日、米原海岸の売店側(南側)を大人26名でビーチクリーンしました。

いつもは北側で行ってるので、南の端をクリーンアップすることはなかなかありませんでした。

予想通り。。😓一番奥の方に、ゴミが大量に溜まって漂着。。

林の奥まで発泡スチロールやペットボトルがいっぱいあるのは見えるけど、取りに行くことはできません。

軽いゴミは、強い北風で、奥へ、遠くへと飛んでいってしまいます。

便利なものは、軽いです。
便利なものが、一番多い漂着ゴミになってるのですね。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 2袋
燃やさないゴミ 11袋
ペットボトル 28袋(約1400本)
発泡スチロール(袋) 28袋
発泡スチロール (個) 28個
漁具(袋) 2袋
漁具ブイ(大)  30個
ロープ(袋) 1袋
ロープ(かたまり)

約2kg

ビン 1袋
カン 1袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 1袋
蛍光灯(長)  
ワレモノ 1袋
プラスチックのカゴ 1個
プラスチックのタンク 6個
プラスチックの棒 14個
ウレタン片(大) 3個
調査用ブイ 1個
ガスボンベ  6個

ビーチクリーンすると毎回、使い捨てプラスチック製品を買い控えようと強く思うのでした。

そして、ビーチクリーンをし始めて、ペットボトルは買いたくなくなり、今では水筒生活が身についてきています。

やれることから、今すぐに。

皆さま、おつかれさまでした。
ありがとうございました。

1/25の集計結果:吉原海岸

今日は旧暦のお正月。IBCC主催のビーチクリーンが開催されました。

参加者21名で、旧暦ゴミ拾い初め。

石垣市が事業としてゴミ回収した後で、北風も強く吹く日が少なかったため、大きなゴミの漂着は少なく、久しぶりに小さなゴミを拾えました。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 1袋
燃やさないゴミ 13袋
ペットボトル 9袋(約450本)
発泡スチロール(袋) 11袋
発泡スチロール (個) 大:1個 中:1個 小:6個
漁具(袋) 1袋
漁具ブイ(大)  9個
ロープ(袋) 2袋
ロープ(かたまり)

約5kg

ビン 1袋
カン 2袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 1袋
蛍光灯(長)  
ワレモノ 1袋
プラスチックのカゴ 3個
プラスチックのフタ 2個
プラスチックのパイプ 5本
植木鉢 1個
パイプ 1個
空気入れ  1個
ジャバラ 1個
オイル缶 1個

普段より少ないとはいえ、なかなかの量です。

発泡スチロールやペットボトルなど軽いモノは、木の生い茂る中へ入り込んで取れません。

漂着ゴミがなくなりますようにと、新年への願いを込めて。

皆さま、おつかれさまでした。
いつもありがとうございます。

10/27の集計結果:ヤマバレと吉原

夏が戻ってきたような石垣島です。

今日はヤマバレと吉原、2つのビーチをクリーンアップしてきました。

北風が強く吹く季節は、どこもたくさんのゴミが漂着しています。

近隣諸国との距離が近いため、そちらから流れてくるペットボトルは相変わらず多いです。

いえ、さらに多くなってるように感じます。

いつも参加協力してくれる海上保安部の皆さま含め、男性の参加が多いのは、本当に助かります。

大きなブイや、重いロープを回収するのは大変です。

皆さま、暑い中、いつもありがとうございます。
おつかれさまでした。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 2袋
燃やさないゴミ 33袋
ペットボトル 52袋(約2600本)
発泡スチロール(袋) 26袋
発泡スチロール (個) 31個
漁具(袋) 3袋
漁具ブイ(大)  10個
ロープ(袋) 2袋 (1袋 約10kg)
ロープ(かたまり)

3kg

ビン 3袋
カン 1袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 1袋
蛍光灯(長)  
ワレモノ 1袋
プラスチックのカゴ 3個
プラスチック片(大) 6個
ウレタン片(大) 1個
発泡スチロール片(大)  
ウレタンシート  3個
プラスチック棒 6本
旗付きウキ 1本
ポリタンク  2個
ポリバケツ 2個
座椅子のシート 1個
なにかの台座 1個
木片(大) 1本
1本

いつも思うことですが、ビーチクリーンしても追いつかないゴミの量です。

国や県などが、早いうちに何らかの方策を取らないとならない状況なのです。

そして、私たちもゴミを出さない工夫をしていかなければ。

※来月5日は米原でビーチクリーンやります。詳しくはまた改めてお知らせいたします。

10/5の集計結果-アイランダーサミット石垣とのコラボビーチクリーン

Loveネットワークです。

先日10月5日は、毎月5日定例の海Loveビーチクリーン再開の日でした。

今回は、アイランダーサミット石垣とのコラボビーチクリーンとなりました

朝8時スタート、街から車で30〜40分ほどの場所にもかかわらず、大人75人、学生&子供達80人、海Loveメンバー12人、合わせて167人が参加。

ものすごい量の漂着ゴミを目の当たりにして、参加者の意識がグイグイ変わっていくのが伝わってきます。

参加者全員でゴミを拾い、

分別し、

集計とって、

バケツリレーでゴミを運び出します。

ひとつひとつの大変な作業は、

単にゴミ拾い、ビーチクリーンというだけでなく、

 “なぜ?どうして?” 

という気づきを与えてくれます。

そして、 

” 知る ” という大きなキッカケを作ってくれます。

楽しいだけじゃない体験を、

笑顔でやりきると、

何か大きくチェンジする

キッカケになると思います。

 

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 13袋
燃やさないゴミ 116袋
ペットボトル 90袋(約4500本)
発泡スチロール(袋) 45袋
発泡スチロール (個) 大7個 中22個  (計 27個)
漁具(袋) 12袋
漁具ブイ(大)  48個
ロープ(袋) 9袋 (1袋 約10kg)
ロープ(かたまり)

約350kg

ビン 7袋
カン 2袋
危険物 2袋
電球、蛍光灯 2袋
蛍光灯(長)  
ワレモノ 1袋
プラスチックのカゴ 9個
プラスチック片(大) 6個
ポリタンク 6個
ウレタン片(大) 4個
プラスチック棒  7本
ブイ片 2個
漁具用ライト 1個

今日、アイランダーサミット石垣は閉会しました。

閉会式で発表してくれたバリ島グリーンスクールの生徒さん達のコメントが印象に残りました。

今回のビーチクリーンに参加して、気づいたこと、知ったことを地元に持ち帰って、こうしたい、こうやりたい、というキラキラした言葉がいっぱい出てきて、とても嬉しかった✨✨✨

海Loveは、これからも、

意識しながら、

ビーチクリーンを開いていきます。

皆さま、本当におつかれさまでした。

ありがとうございました✨✨

※写真は集合写真1枚のみ送信いたします。他の写真は、海Loveネットワークのfacebookページをご覧ください。

https://m.facebook.com/umilove.network/

 

5/5の集計結果:米原海岸

令和初の海Loveビーチクリーンに、大人50人、子供4人が参加してくださいました。
ありがとうございます。

ビーチクリーンは初めてという方が増え、確実にゴミに対する意識が変わってきたと実感します。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 1袋
燃やさないゴミ 16袋
ペットボトル 20袋(約1000本)
発泡スチロール(袋) 18袋
発泡スチロール (個) 33個
漁具(袋) 4袋
漁具ブイ(大)  35個
ロープ(袋) 1袋
ロープ(かたまり)
※大きな塊のロープは回収できませんでした。

約3kg

ビン 3袋
カン 2袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 1袋
蛍光灯(長)  
ワレモノ 2袋
プラスチックのカゴ 6個
プラスチック片(大) 2個
ウレタン片(大) 4個
発泡スチロール片(大) 2個
タイヤ  1本
発泡スチロールの箱 1個
ポリタンク  2個
日本酒のケース 1個

今日ゴミ拾いをした米原ビーチは、地元の方々が定期的にビーチクリーンされているので、比較的ゴミは少ないのですが、それでも、この結果の通りのゴミの多さです。

そのほとんどがプラスチック製品と漁業関係のゴミです。

プラスチック製品は、手軽で便利で安価ですから、どうしても買ってしまいがち。

でも、必ずゴミになるのですから、必要?どう?と自問自答して買うようにしたら、ゴミは減っていくでしょう。

ビーチクリーンをし続けいくと、ペットボトルを買いたくなくなり、水筒を使うようになっていきます。

海Loveは、ビーチクリーンでゴミ拾いを広げているわけではなく、
ビーチクリーンを通じ、一人一人、ゴミに向き合って頂き、ライフスタイルを見直すキッカケにしてもらえるよう、活動を続けています。

今日、参加された方々も、きっと何か感じてもらえたのではと思います。

誰が、
ではなく、
わたしが、
あなたが、
一人一人が、
自分にできることを実践し、
周りに伝えるメッセンジャーで
ありましょう。

これから涼しくなるまでの間、ビーチクリーンはお休みいたします。

また、涼しくなってから再開しますので、どうぞよろしくお願いします。

皆さま、いつもありがとうございます。
おつかれさまでした。