3/21の集計結果:吉原海岸ビーチクリーン

今日の吉原ビーチクリーン

参加者 20名
(大人12名、高校生6名、子供2名)

☆☆

 

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 1袋
燃やさないゴミ 13袋
ペットボトル 18袋(約900本)
発泡スチロール(袋) 15袋
発泡スチロール (ブイ) 7個
漁具(袋) 3袋
ロープ(袋) 1袋
ロープ(かたまり) 約50kg
ブイ 8個
ビン 3袋
カン 1袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 1袋
ワレモノ 1袋
プラスチックかご 1個
プラスチック片 1個
コーン 1個
発泡スチロール箱 1個
オイル缶 1個
長いブイ 1個
ポリタンク 1個
パイプ 1個
ドラム缶 1個

☆☆☆

巨大なドラム缶の様な物が漂着していましたが、運べないので、ビーチに放置。沖縄県に電話します。

3/3ビーチクリーンをYou Tubeで

【動画/Video】3月3日に平野海岸で行われた海ラブビーチクリーンの様子。県内外から大勢の方々にご参加いただき、沢山のゴミを拾うことができました!ありがとうございます!
次回は4月7日、平野海岸で今回、拾いきれなかった範囲をビーチクリーンをします!

YouTubeはこちらから⇒https://youtu.be/6HU5LZC3Tk4

八重山毎日新聞掲載

八重山毎日新聞、3/3平野海岸ビーチクリーンの取材記事

今日の八重山毎日新聞に、昨日のビーチクリーンのことを一面トップで掲載して頂きました。

皆さんの関心の高さを示しているようです。
取材ありがとうございました。

3/3の集計結果:平野海岸ビーチクリーン

今日、石垣島最北端の平野海岸でビーチクリーンしてきました。

大人168名、子供37名、計205名の方が参加してくれました!

暑い中、そして遠いところまで、
ありがとうございました。

今回のビーチクリーンは、すごい数のゴミを拾うのも目的ですが、
考えながら、ゴミを拾ったり、分別したりしてもらって、
何か気づく事や、感じる事を、持って帰ってもらいたいと企画しました。

全てのゴミは、私たち一人ひとりが出していると意識することができれば、このすごいゴミは少なくなっていきます。

誰か、ではなく、
私たち、一人ひとりが、
ゴミを、減らし、
循環可能なモノを使うことができれば、
いつか、このゴミはなくなると信じます。

さて、今日の拾ったゴミは↓↓↓です。

燃やすゴミ 5袋
燃やさないゴミ 86袋
ペットボトル 53袋(約2650本)
発泡スチロール(袋) 161袋
発泡スチロール (個) 71個
漁具(袋) 21袋
漁具ブイ (大) 62個
漁具ブイ (小) 100個
ロープ(袋) 11袋
ロープ(かたまり) 約330kg
ビン 9袋
カン 1袋
危険物 7袋
電球、蛍光灯 2袋
ワレモノ 3袋
ドラム缶  3個
木片 3個
手作り漁具 4個(長い棒+発泡)
冷蔵庫の蓋 1個
ポリタンク(大) 2個
スプレー缶(大) 5個
ウレタン片(大) 4個
オイル缶 5個
ガス缶(小) 3個
プラスチック片(大) 11個

☆☆☆

205名で、平野海岸の半分を拾えました。
もう半分は、4月7日に拾います。

よかったら、また来月、参加ご協力くださいませ。

皆さま、おつかれさまでした。

※みんなで囲んでいるのは、サカナ、、に見えますか?😅

中学生、馬さん、小さな子供たち。。たくさん参加してくれました。囲んでいるのはサカナの形に見えますか? サカナの身体は人間の出したゴミでいっぱい!とのメッセージです。
「もっと知ろう。考えよう。海の為に出来ること」海Loveのキャッチコピー。そのためにビーチクリーンを計画し実行しています。

1/20の集計結果:吉原海岸ビーチクリーン

今日は、月一のIBCC主催ビーチクリーン。
IBCC(石垣ビーチクリーンクラブ)は月1回、吉原海岸をクリーンアップしています。

先月拾った場所は、北風が運んできたゴミでいっぱいでした。

☆☆

男の子が漂着したプラスチックゴミで遊んでいます。

周りはゴミだらけ。

このようなビーチを子供達に渡していっていのでしょうか?

私たち大人が気づき、行動を起こさなければ、このゴミは減らないのです。

ゴミを未来に渡すのではなく、美しい地球の自然を渡していきたいと思います。

そんな風に感じたビーチクリーンでした。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 1袋
燃やさないゴミ 25袋
ペットボトル 26袋(約1300本)
発泡スチロール(袋) 22袋
発泡スチロール (個) 28個
漁具(袋) 3袋
漁具ブイ (大) 46個
ロープ(袋) 2袋
ロープ(かたまり) 約5kg
ビン 3袋
カン 0袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 2袋
ワレモノ 1袋
プラスチックの板 1個
プラスチックの棒 1個
タイヤ 1個
ガスボンベ 1個
モップ 1本

☆☆☆

それにしても、発泡スチロールと黒ブイが多すぎます。

お仕事で使ってる人たちは、これをどのように感じているのでしょうか?

よその国の事と知らんぷりするのでしょうか?

ゴミだらけの海は汚染され、そのうち汚染されてない美味しいサカナは取れなくなるはず。

大人たち。なんとかできます!
やれることはあります。
やりましょう!

大人19名、子供2名が参加してくださいました。
皆さまありがとうございました。
おつかれさまでした。

 

2018年の漂着ゴミ報告

海Loveネットワークから、今年の漂着ゴミ報告です。

2018年は海Loveネットワーク主催のビーチクリーンを8回開きました。
(1月、6月〜9月はお休み)

いつもは米原海岸ですが、3月から5月の3回は石垣島最北端の平野海岸です。

平野海岸は平久保燈台から右下に見えるビーチです。

上から見ると美しいビーチに見えますが、実際はすごいゴミが漂着しています。

そのゴミの多さとビーチが広いということで、3回に分けてクリーンアップしました。

2018年の海Loveビーチクリーンの集計結果は以下の通りです。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 29袋
燃やさないゴミ 246袋
ペットボトル 266袋(約13,300本)
発泡スチロール(袋) 186袋
発泡スチロール (個) 158個
漁具(袋) 72袋
漁具ブイ (大) 326個
ロープ(袋) 2袋(約100kg)
ロープ(かたまり) 約610kg
ビン 71袋
カン 9袋(約900個)
危険物 16袋
電球、蛍光灯 18袋
ワレモノ 13袋

★その他、数が多かった漂着物

プラスチックタンク 33個
プラスチックの棒 19本
プラスチックのカゴ 14個
プラスチックの一部(大) 49個

★危険な漂着物

ガスタンク 5個
ドラム缶 15個

集計結果を見て、ペットボトルを含むプラスチックの漂着が多いことに気づかれると思います。

ビーチクリーンしても、ゴミが減らなければ、ビーチを埋め尽くすゴミは減ることはありません。

美しいビーチと海を取り戻すために私たちができることはあります。
ゴミを減らすことです。

来年は今年より少しでもゴミが減るよう願い、これからもビーチクリーンを通して皆さまにゴミの現状をお伝えしていきます。

ビーチクリーンをしなくていい日がいつか来ますように。。

今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

※写真は、今年3月〜5月に、石垣島最北端の平野海岸で開催した海Loveビーチクリーン。