2/25の集計結果:吉原海岸

今日は、吉原海岸でIBCC主催のビーチクリーンでした。

半袖Tシャツでオッケーな気温で、27名の参加がありました。
皆さま、おつかれさまでした。

先月もビーチクリーンしたのに。。。すごいゴミでした(>_<)

軽いペットボトルと発泡スチロールは、相変わらずの常連さん。ものすごい数です。

大きな物を取るのに精一杯で、小さく砕けたプラスチックのゴミまで拾いきれません。

石垣島でのビーチクリーンを始めて10年以上になりますが、当初より確実にゴミが増えてます。

この先どうなるのか。。
できることをやろうと決め、拾い続けていますが、危機感は高まるばかりです。

今回の集計結果は↓↓↓

燃やすゴミ 1袋
燃やさないゴミ 30袋
ペットボトル 29袋(約1450本)
発泡スチロール(袋) 11袋
発泡スチロール (個) 12個
漁具(袋) 5袋
漁具ブイ 16個
ロープ(袋) 2袋
ロープかたまり 約70kg
ビン 5袋
カン 1袋
危険物 1袋
電球、蛍光灯 2袋
ワレモノ 1袋
プラスチック特大 1個
コールタール 1袋
ドラム缶 1個
イスの背 1個
木のパレット 1個
ペール缶 1個

この漂着ゴミの量は、ボランティアで拾う域を超えています。

国、県、市。
企業と消費者。
このゴミの現実を、見なくてはならないところまで来ているように感じます。

国境を軽々と飛び越えて流れていくゴミのことは、世界中で考え取り組んでほしいと、切に願います。